2008年10月アーカイブ

rssのfeedをMTのものからfeedburnerにしてみました。Flickrと連携とかしたかっただけですけど。本当は様々なfeedを集約できるやつを考えたんだけど(mixfeed,yahoo Pipesの便利Pipeとか)、いつなくなるか分からんものを使うのもなんなのでfeedburnerに。今までのものも使えますが、そちらにはFlickrの更新は反映されません。rssの再登録を御願いします。

http://feeds.feedburner.jp/chrhsmt

ついでにホームページのindexページにも同様のrssのlinkタグ付けました。FireFoxなんかで見るとわかると思います。
先日家のCD棚の端をふと見てみると見慣れないCDが。取り出してみるとMetalchicksの「Metalchicks」。Buffalo Daughterのシュガー吉永と元DMBQの吉村由加の女子メタルユニット。あぁ、そういえばこんなの買ったなと思って聴き直す。衝撃。あぁ、なんでこんなものを忘れていたのだろう、と思ってヘビーローテーション。色々調べるとどうやら2ndが出てるとのこと。これは買うしかないと思い即購入。ついでにyoutubeでライブ映像とか集めて再生リストにしてみた。



急に「ラブ&ポップ」を観たくなったので観た。98年に庵野秀明が撮った実写映画で、村上龍が原作だったか、たしか。「トパーズ」の現代女子高生版みたいな。
で観たくなったというのは、正確にはラスト部分だけ。浅野忠信のとこから。あのシーンだけはずっと頭に焼き付いてる。

他人が自分に向ける「大切」と、自分が成長してゆく為の「自傷」?
競争か共存かってこと?


------------------------------------------------------------------------


kijirushi.gifやっぱ考えすぎてる。ここでこんなこと書いてても何にもならないんだけど。

犯罪っていうのは最高の自傷行為だとこの前思った。いや、やらないよ。言っとくけど。

もうすぐ何か来るんじゃないかって気がしてくる。何がってわからないけど、大学のときMMPIやったらパラノイアって出た。そんな事を思い出すと少し嗤える。

そんなに肩肘張るなよ。壊れるぞ。このキ◯ガイめ。

信頼

| コメント(0) | トラックバック(0)
信頼とか信用とか、頼るとか頼られるとか、遣うとか遣われるとか、一方通行とか相互関係とか

考えるんだけど、想うんだけど、切りがない気がするんだけど

要するに、って言いたくなるんだけど、何も要約できなくて

ただ、こいつも刹那的であるところはご多分に漏れず?


わからないわからないわからない

ただ、信頼出来る相手がいる場合、その信頼を何らかの態度なりで示さなければならない気がしてならないのだ

Flickr

| コメント(0) | トラックバック(0)
初めました。かなり今更ですが。
なんか「写真共有とかして何の意味があるわけ?yahoo.comに買収とかされてるし」とか思って食わず嫌いしてたんですが、自分の写真を整理するには結構良いかもなと思って初めてみました。使ってみると凄いですね(笑)。UIとかここまでよくやるなぁ、と。そこらのブラウザOSよりよく出来てるんじゃないか。ていうかこれでビジネスとして成り立つのか?って疑問もある。Proユーザの値段とか知らないけどさ、そんな高いはずないだろうし。

そんなわけで観てやってください(mixiに載っけてるのとあまり変わりませんが、分類とかちゃんとしていきます)。
http://www.flickr.com/photos/chrhsmt/
BUCK-TICKです。なんかさっきからずーっと聴いてる。この人の歌詞が良い。特に「Six/Nine」(リンクはiTunes)の「密室」(リンクは歌詞サイト)。変質的片想いなのか少女監禁なのか分からないが、何か分かるものがある。


気付いている人がいるかわかりませんが、数日前からちょっと弄ってます。始めは「Dive to the future」だけでしたが、今はご覧の通り。
「(In face of fear of www,)」はwwwって怖いですねって。知らない人は知らないかもしれませんが、wwwに上がったものってアーカイブされてるんですよ?サイト認知度とかにもよると思いますが、サーバから消せば終わりじゃないんですよ?一番分かり易いのは検索エンジンのキャッシュですが、これは更新されます。だからそのうち見えなくはなりますが、これがあるって事は検索エンジン運営してる方はデータベースの容量として可能な限りは貯め込めるんですよ。そしてこんなサイトもあります。webのアーカイブサイトです。個人サイトなんかは知名度が無いと引っかかりませんが、大手のblogなんかはどうなんでしょうか。パーマリンク化されてたり、GETメソッドでアクセス出来る範囲なんかは間違いないんじゃないでしょうか。

「Dive to the future in now here」。これはこれを書こうと思った時に聴いてた曲名から。DreamDolphinというユニットの「Dive to the future」。少し弄って「今此処にある」という意味を付けた。この辺は岡本太郎の影響です。
決して忘れてはならない
最も卑しい事は他人との優劣の比較だ
いくらそれが内省であってもだ
決して忘れてはならない

差異というのは限りない程あるだろう
しかしそれを計れるのはある一分野・一側面からの尺度でしかなくそれは人生の尺度ではない

普段は当たり前のように思われるが、以外に凹んでる時には気付かない

| コメント(0) | トラックバック(0)
この動き、一つ一つが、君にすがろうとする思惑でできているのだ

蟲に喰われた大樹を
僕は壊そうとしていたのかもしれない
昨日のはこれ。

2008/10/24 javascript 名前空間

evalを使い過ぎて重すぎたので改良。evalは一回になった。まぁ、実用に堪えられると思う。
以下コードとソース。

function Namespaced(packagedObjectName, obj){
  var DOT = '.';
  var EXPRESSION_TEMPLATE =
    "if(!tmp){tmp={};}else if(typeof(tmp)!='object'){throw new Error('Namespace error');}";
  var ns = packagedObjectName.split(DOT);
  var here = 'window';
  var expression = '';
  obj == null ? obj = {} : void(0);

  //評価式文構築
  for (var i = 0, l = ns.length; i < l; i++){
    var tmp = here + DOT + ns[i];
    expression += EXPRESSION_TEMPLATE.replace(/tmp/g, tmp);
    here = tmp;
  }

  //オブジェクト代入式
  expression += here + ' = obj;';
  //評価
  eval(expression);
}

http://chrhsmt.com/js/namespace.js
人というのは自分の云いたい事ばかりをつい云ってしまうものですね

それはそうだ

その場の話題?
その場の空気?

そんなものはどんどんと流れてゆくものだろう
救いを求めるにはか細過ぎたるその手
には涙
左半身には痙攣

此処で切り返したるが先の返答
その惚気に興は醒める

我、葡萄酒を喰らう
必要なのかどうなのかは微妙な所だが、様々なJavaScriptライブラリを混在させて使用する際には必要になってくる。ちょっと検索で引っ掛けるといくらか書き方は出てくるし、オライリーの本にも一応書かれているが、これぞという使い勝手のものが無いので自作した。

/*
* 名前空間付きobject作成クラス
* @param {string} packagedObjectName パッケージ+オブジェクト名
* @param {object} obj オブジェクトorコンストラクタ関数
* @throws {Error} 名前空間が既存のオブジェクトと被った場合
*
* ex:
* [オブジェクト作成]
* new Namespaced('com.chrhsmt.obj', {
* variable: '',
* method: function() {}
* });
*
* [クラス作成]
* new Namespaced('com.chrhsmt.Class', function(){});
*/
function Namespaced(packagedObjectName, obj){
var DOT = '.';
var CONSTRUCT_PHRASE = ' = {};';
var ns = packagedObjectName.split(DOT);
var here = 'window';

for (var i = 0, l = ns.length; i < l; i++){
var tmp = here + DOT + ns[i];
if (!eval(tmp)) {
eval(tmp + CONSTRUCT_PHRASE);
} else if (typeof(eval(tmp)) != 'object') {
throw new Error("Namespace error : " + tmp + " = " + eval(tmp));
}
here = tmp;
}

//オブジェクト代入
obj == null ? obj = {} : void(0);
eval(here + ' = obj');
}

こんな感じで。ソースは以下。
http://chrhsmt.com/js/namespace.js






9月初旬は悪阻と言われ、10月初旬はいやに体温が高くなり(熱ではなく体感として)、最近はいやに食欲旺盛である。やはり何か産まれるのか、俺から...。
体重が10年振りくらいに50kg台になった。でも体脂肪率が下がった。5.6%。アスリートですか...。
映画。

http://www.gyakukaiten.jp/

ミシェル・ゴンドリー。温かい。ちゃんと良い映画になってる。俺も何か撮りたくなる。
した。

http://chrhsmt.com/about.html

どれだけ暇なんだ、とか言われそうだがこれがしたかったのだ。デザインとして少しこざっぱりさせた。あとクリエイティブコモンズの表示とか入れた。「Only html, css, javascript. No Flash.」はこだわった。
更新情報とかrss配信してそこからindex.html内のinfomation部分にjavascriptでデータを引っ張るようにしたりしたい気がするが、そんなに更新頻度高いのか?と思うと気が引ける。作るのは難しく無いが。
ちなみにiPhone用に最適化されてます。

closure

| コメント(0) | トラックバック(0)


nine inch nails のDVD。以前買ってDISK1だけ観て放っていたのでDISK2を観た。DISK1はツアーとかライブの模様でこの頃のninの廃頽感が出てて良い感じ。DISK2はほぼmusic video。youtubeで上がっていたやつでほぼ観た事はあったんだが、思っていた程グロくはなかった。ちゃんと観ると、直接的な表現ではなくそうゆうグロさを想起させるような間接的な表現になっていて、よく作り込まれている。そしてその集大成が「closer」と「the perfect drug」のPVだろう。



ちょっとグロいが必見。キッチュ。



素晴らしい(埋め込み可能なものは音質が良くなかったので、ちゃんとしたのはhttp://jp.youtube.com/watch?v=l0s5UOVsMDgで)。
してみました。
chrhsmt.com

indexのページを少し作り変えました。
・今更ながらaboutのページとか作ってみました。

aboutのページは、これを作りたかったというより、新しく作ったスクリプトを動かすページが欲しかっただけです。なのでデザインとか何もしてません。ちなみにこのスクリプト、FireFoxが重くなってると解析したhtmlがメモリリークか何かで吹き飛んでしまっているっぽいので、jsのエラーを吐くようにしています。最後の「/<-」みたいなリンクが出なければブラウザをリフレッシュしてください。
昨晩薬を飲み忘れたので朝から調子が良くない。朝食を食べてから二度寝。昼に起きてクラムボンを聴きながらカレーの残を食べる。ボーっとしてると三時近い。家に居ると腐る気がしたので光が丘公園に行ってスミノフ呑みながらボーっとする。平日だけど結構人がいる。

こんなに自由な時間を過ごすのは、我が人生において後にも先にも今この時期だけだろう。
webとかプログラムの世界に自分が惹かれたのは、そこに豊かで魅力的な発想が詰まっていたからなのかなとか思った。新しい世界だったし、加速度的な変化があったし。でも最近のwebにはそこまで惹かれない。これはwebが経済活動の基盤として堅牢なものになって、web自体が目的的になってしまったからかなとか思う。もうちょっと考察の余地があるな。
行ってみました。

まず寝坊。当日までタイムテーブル見てなくて、まぁ,大丈夫だろうなんて思って昼近くまでベットでゴロゴロして起きてタイムテーブル見たらもう川口さんの基調講演の時間。不覚。まぁ、14日のHOT TOPICでも話を聞けたので(こっちはMetroだったけど)良いかと思う。あいにく13時からのamachangさんのDOM講座には間に合いそうなので急いで参宮橋へ。
こちらの内容、結構参考になりました。javascriptの最適化とかになるとやはりブラウザの内部まで追わないと駄目なんですねぇ。それとやはり一番のボトルネックはレンダリング周りという事ですね。今自分が作成中のスクリプトがリアルタイムにレンダリングをしまくるようなスクリプトなので最適化は難しいな...。DOM関連のオブジェクトに対して「.(ドット)」のアクセスを減らすとかは知らなかった。
次の講演は「ギークなお姉さん」。これだけに惹かれて聴いてみた。内容的には別段新しいものは何も無かったかな。「あなたにコンパイルされたい。」というのは素晴らしいなと思った。この言葉が一番ギークの心を惹いている気がした。嗚呼、コンパイルしたい(笑)。

追従したお前の「(笑)」に未来はあるのか
以前作ったのでうる覚えで書きますが、javascriptの動的インポートです。
google先生に聞くとすぐに「import.js」なる記事にあたりますが、これってscriptタグを追加してるだけなので静的な使い方しか出来ません。呼び出してすぐにそのjsファイルの関数・クラスを使用できません。ので、作りました。動的インポート。

http://chrhsmt.com/js/base.js#com.chrhsmt.commons.dynamicImportScript: function(path)
※version管理してません。

特に切り分けてません。参考程度で使えるかも。でもそもそも必要性もあまりないかも。
やってる事はajaxでjsファイルを取得してevalとexecScriptで評価して中身の式を現状のスコープに登録します。
ホームページのJavaScript周りを改修しました。以前の仕事中に勝手に作ったJSライブラリを適用してみました。ちょっと重くなったかもしれません。動きは全く変わってませんが。
mixiのフォトアルバムになんとなく撮りためた写真の一部をアップしてみた。気が向いたら説明を書くけど予定は無い。
順不同且つ肖像権侵害。


photo.jpg

スミノフ一本とサイクリング

たまらん

酸級

| コメント(0) | トラックバック(0)
酸味の強い珈琲とか、薄くて安いジンとか飲むと凄くブルーカラーを感じるんです。俺だけですか?
家でダラダラとT-REXのライブ映像とかを観てたら甘いものが食べたくなり、地元駅の「モリバコーヒー」なるよくわからないチェーン店の喫茶店へ。味はあまりとやかく言わない、俺は。最悪なのは喫煙席の隣が硝子窓一枚挟んで本屋だという事だ。蛍光灯が眩しい。雰囲気台無し。
http://www.yami-kodomo.jp/
映画のほう、観た。気持ち悪かった。色々と。ネタばれになるけど、最後に南部(江口洋介)が泣崩れる(?)とこが一番気持ち悪かった。映画にしろ何にしろさぁ、「男のロマン」とか「男の悲哀」みたいなのを入れないと気が済まないのかな。何なんだろ、あれ。「子供」っていう不特定多数なものが主人公なんじゃなかったのかな?あれじゃあ南部が主人公みたいじゃないか。
まぁ、悪い映画ではないと思うが。
小説の方も読んでみたいな。
ロックスターです。でもミュージシャンじゃありません。

川口耕介さんといって米国Sun Microsystemsの方。



こちらの本で取り上げられている方です(参照*1, *2)。10/14にsunの用賀のセミナールームでのjava hot topic でお話されるそうです(詳しくはここ)。必見ですね。
VITAMIN-Q
The d.e.p + ミカバンド?な感じですか。メンツは豪華です。

以下引用
加藤和彦【guitar/vocal】
小原礼【bass/vocal】
土屋昌巳【 guitar/vocal】
屋敷豪太【drums/vocal】
ANZA【vocal】


さて、どんな音になるやら。

義体

| コメント(0) | トラックバック(0)


紛れも無く義体だろ。
相変わらず調子が悪い。何かに集中できてる時は良いのだが、気を抜くと頭痛と吐き気が襲ってくる。あと、家の中にずっと居ると駄目だ。なんだか自律神経失調症の長くて強烈なやつって感じ。

今日は昼間は読書と昼寝と音楽鑑賞に費やした。他に何も出来ない。坂本美雨の「harmonious」の良さが今日やっと分かった。その前のアルバムより暖かくて声の低音が豊かでそこに心が動かされる。あと単純にこの人好きだなと。

夕方から高校の時の友人のライブを観に池袋へ。ライブ後の打上にてなんだかライブハウスの人には酷評されたとメンバーが語っていたが、自分はあまりそう思わなかったのだが不思議なものだ。人によって聞き方や趣向は違うし、聴く側のその時々の精神状態も加味されると思うが。まぁ、今の自分の状態に対して何か投げかけられるモノと言うか考えさせられるものがあった。
気取った大人を演じる君
残酷
人の気持ちを無邪気に断る君
残酷

二重の螺旋が絡まって
輝きは増し続け

唯、生命の絶対の下に
天使が堕ちてゆく
悔しいよ
悔しくてしょうがない



お前だけは信じてる
相手の事をちゃんと見ようとしない汚い大人にはならないでくれ

post2blog

| コメント(0) | トラックバック(0)
このブログはmovable type使っていて、今まで携帯から長文の投稿とかしなかったから気付かなかったのだが、post2blogで投稿すると改行コードがbrタグに変換されていない。この前旅行先から更新して分かったのだが。post2blogはperlのスクリプト。中身なんか見たこと無いし今からまたperlやるのも面倒だと思ったが、時間があるので解析、修正。

.......
my $description = shift(@conts);
#2008.10.02 for mobile start
my @_description = split(/\n/, $description);
$description = join("<br />", @_description);
#2008.10.02 for mobile end
.......

ってこれだけだった。まぁ、そんなものか。perlを追うのが久しぶりだった。



午後から図書館に行き、岡本太郎関連の本を数冊借りる。そして今日はこれを読んだ。
太郎も凄いけど、実は母のかの子がもっと凄い気がした。生死を問わないなら会ってみたい女性No1。
人に甘えるっていうのは、自分を守ってもらいたいという意思であり、その確認行為なのかな。



岡本太郎にどんどん惹かれていく。カラス飼いたい。
http://blog.chrhsmt.com/