闇の子供たち

| トラックバック(0)

http://www.yami-kodomo.jp/
映画のほう、観た。気持ち悪かった。色々と。ネタばれになるけど、最後に南部(江口洋介)が泣崩れる(?)とこが一番気持ち悪かった。映画にしろ何にしろさぁ、「男のロマン」とか「男の悲哀」みたいなのを入れないと気が済まないのかな。何なんだろ、あれ。「子供」っていう不特定多数なものが主人公なんじゃなかったのかな?あれじゃあ南部が主人公みたいじゃないか。
まぁ、悪い映画ではないと思うが。
小説の方も読んでみたいな。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 闇の子供たち

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/409