Broadcast

| トラックバック(0)

WARPが誇るサイケデリア・ポップバンド。10年くらい活動してるらしいが初めて聴いた。サイケなアナログシンセの音使いの中でポップさが混ざってて面白い。

Broadcast - I found the F




Broadcast - Pendulum




Broadcast-Black Cat Music Video




Broadcast - Come on Let's Go - Drums on Fire (Live)



このライブはこちらにてほぼ全編観れます。

以下bounceレヴューより引用


かつて江戸川乱歩が愛した〈現(うつし)世は夢、夜の夢こそまこと〉という言葉を、21世紀のロック・シーンで見事に体現しているバンド=ブロードキャストの新作がついに上梓。実験的手法を駆使しながらも極めてメロディアスかつポップな意匠で飾られた前作『Haha Sound』のサウンドを継承しつつ、より芳醇なサイケデリアの極致へと踏みこんだ音像が素晴らしい。淡い郷愁を帯びながらストレンジに鳴り響くアナログ・シンセ、ノイジ?なのに不思議と現実感に乏しいディストーション・ギター、ひたすら均一ビートを繰り返すドラム、そして儚く優しく醒めきったトリッシュ嬢のヴォーカル。聴いているうちに〈どこだかよくわからんが、とにかく気持ちイイ世界〉に突入していることに貴方は気付くはずだ。そこはまさに夢幻と現実が逆転したインナー・トリップの深淵。危ういほど美しい傑作の誕生に身震いする。
ライター: 北爪 啓之 / bounce 2005年10月号掲載

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Broadcast

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/349