2009年3月アーカイブ

鬱っぽくなると身体性が欠如する。自分の身体の感覚が乏しくなっていって体中の神経が鈍化していく。身体性失調とでも言いたくなる。現実を直視しないで逃避ばかりしてしまう所為かこうゆう事になるのだろうか。こうなってくるとそれはそれで一応不快な感じにはなるのでどうなるのかというと顔面に刺激を与えたくなる。のでよく顔を洗ったり布団に顔を押し付けたりする。酷いときはナイフを顔に突き立てたくなるのだが、これは衝動のみに留まり幸い未だ実行に移した事はない。でも衝動はあるもんだから代償として耳軟骨にピアスを空けてみた。数年前にも軟骨は空けてたんだが、ずーっと調子が悪いもんだから止めて塞がってしまったけどまた空けた。

で考えてみると1日から新勤務先なんだけどさすがに軟骨は目立つよな。でも空けたばかりだ。14のクリアピアスってあるのかな。14じゃなくても平気かな。


という事で27になった。
とうとう大台だ。
燃え尽きよう。
skmt09.jpg
カーボンオフセットしてきました。

「composition 0919」の携帯撮影が一番面白かった。今回のライブで指定した1曲の演奏中だけ携帯で撮影して良いという企画。「携帯のシャッター音を切ろうとしても切れない」というような事を教授は言ってたけど、この曲の捉えきれない拍子の隙間に大量の携帯のシャッター音が入ってきて、ユーザー参加型のインスタレーションみたいでなんだかとても教授らしいライブだと思った。
心理学なんかを学んだからかもしれないが、血液型の話題っていうのがうざったい。血液型と性格ってのは科学的に実証されてないけどなんとなく当たってるっぽいね、っていうのもわからなくもないからなんとなく話題を合わせる事にはするようにはなったけど、飲み会の話題がそれに終始するってどんだけ阿呆なんだと思ってしまう。言葉が悪いけど。

いや、苛ついてる理由はこんな事ではないのだが。あー、苛つく。
教授の新譜を買った。フルパッケージにするかどうか迷ったけど、「見てみたい」くらいの感じなのでロハスな方にした。今までも教授のCDって環境に拘ったパッケージにはしてたけど(グートの頃からかな?)、今回のは更に進んでるなって思ったっていうかここまで来たかという気がした。プラ1枚、紙1枚、CD1枚。



*

スティールボールランの17巻を買った。スティールボールランになってからは何となくグッとくるとこがあまり無かった(リンゴォのとこくらいかな)のだが、今回のはグッときた。ちなみに帯には「不可解の連鎖」と。いや、もう不可解もの大好き。これこそ荒木飛呂彦だ、っていう感じだ。

4月の早稲田松竹が面白そう。

http://www.h4.dion.ne.jp/~wsdsck/contents/program.html

4/4-4/10
ウイークエンド
開映時間 10:40 / 14:20 / 18:00
(1967年 フランス 104分)
■監督 ジャン=リュック・ゴダール
■出演 ミレーユ・ダルク/ジャン・ヤンヌ/ジャン=ピエール・カルフォン

女は女である
開映時間 12:40 / 16:20 / 20:00(〜終映21:30)
(1961年 フランス・イタリア 84分)
■監督 ジャン=リュック・ゴダール
■出演 アンナ・カリーナ/ジャン=ポール・ベルモンド/ジャン=クロード・ブリアリ

4/11-4/17
アキレスと亀
開映時間 12:45 / 17:15
(2008年 日本 119分)
■監督 北野武
■出演 ビートたけし/樋口可南子/柳憂怜/麻生久美子

トウキョウソナタ
開映時間 10:30 / 15:00 / 19:30(〜終映21:35)
(2008年 日本・オランダ・香港 119分)
■監督 黒沢清
■出演 香川照之/小泉今日子/小柳友/井之脇海

4/18-4/24
マラノーチェ
開映時間 12:10 / 15:20 / 18:30
(1985年 アメリカ 78分)
■監督 ガス・ヴァン・サント
■出演 ティム・ストリーター/ダグ・クーヤティ/サム・ダウニー

パラノイドパーク
開映時間 10:30 / 13:40 / 16:50 / 20:00(〜終映21:30)
(2007年 アメリカ・フランス 85分) PG-12
■監督 ガス・ヴァン・サント
■出演 ゲイブ・ネヴァンス/テイラー・モンセン/ジェイク・ミラー

4/25-5/1
シュヴァンクマイエル短編集 対話の可能性
開映時間未定
(1967年〜1989年 チェコスロヴァキアほか 計89分)
■監督 ヤン・シュヴァンクマイエル
■上映作品 『対話の可能性』/『闇・光・闇』/『男のゲーム』ほか 計8作品

アリス
開映時間未定
(1988年 スイス・西ドイツ・イギリス 84分)
■監督 ヤン・シュヴァンクマイエル
■出演 クリスティーナ・コホトヴァ


パラノイドパークとか観ようと思ってて忘れてたから観に行こう。


あまりにも直球。でもこれ良いね。
http://blog.chrhsmt.com/