身体性と鬱

| トラックバック(0)

鬱っぽくなると身体性が欠如する。自分の身体の感覚が乏しくなっていって体中の神経が鈍化していく。身体性失調とでも言いたくなる。現実を直視しないで逃避ばかりしてしまう所為かこうゆう事になるのだろうか。こうなってくるとそれはそれで一応不快な感じにはなるのでどうなるのかというと顔面に刺激を与えたくなる。のでよく顔を洗ったり布団に顔を押し付けたりする。酷いときはナイフを顔に突き立てたくなるのだが、これは衝動のみに留まり幸い未だ実行に移した事はない。でも衝動はあるもんだから代償として耳軟骨にピアスを空けてみた。数年前にも軟骨は空けてたんだが、ずーっと調子が悪いもんだから止めて塞がってしまったけどまた空けた。

で考えてみると1日から新勤務先なんだけどさすがに軟骨は目立つよな。でも空けたばかりだ。14のクリアピアスってあるのかな。14じゃなくても平気かな。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 身体性と鬱

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/297