2009年7月アーカイブ

という法律を作りたい。
最上の快楽と最大の安心は傷口の隣にできるんじゃないかと思う

と考えたところで自分の成長性の無さを痛感。言ってる事が10年く らい前から変わらない。

と考えたところで、つい先日も同じように昔と変わってない、みたいな事をどこかに書かなかったか?と思い、とうとう脳が萎縮し始めたのかと勘ぐる。

*
自分の話にしっかりと向き合ってくれない人がいたとして、じゃあその人を信用できない人としてカテゴライズするのは一体どうなんだろうと思っている。その人が今の自分に向き合わない(向き合えない)理由ってのがあるわけだし。でもなんだか残念だ。

*
最近何かしら、欲しい欲しいと考えてばかりだなと思った。そしてそれは非常に受動的欲求。なんか穢い。もっとストイックで純粋培養的な状態で居たい。というところでまた成長性云々に戻る。
例えるなら、プッチ神父の「宇宙は一巡した」という言葉か。

視界に映る人間がみな嘘吐きに見える。
昔と一緒。

ちょっとだけ進歩したのは、病人と信仰心の強い人間は例外、ってこと。

不真面目だった学部卒くらいじゃうまく表せないので誰か心理に強い方、カテゴライズしてください。
pic/2009/07/08/23_22_35_photo.jpg


不忍池の横にある何かの施設の閉園の曲がなんかドビュッシー的な現代ピアノ曲で、育ち過ぎた蓮を見ながら心が俄かに東京を離れる。

Untitled

| コメント(0) | トラックバック(0)
「哀しみ」って人間が生きる上で必要な感情なんですか?
http://blog.chrhsmt.com/