ヨイトマケる

| トラックバック(0)

今自分は実家に棲んでいてこの家はごく一般的な中流の家である。自分が4歳の時に建てられたので築23年。2世帯住宅で1階部分は施設入居中の祖母のものだがもう何年もそのまま。2階部分に両親と自分が暮らす。3LDKくらいなのだがそのうち1部屋は一人暮らしから舞い戻った息子(自分)が占領。その他、居間、両親の寝室、という具合だ。自分の部屋は、昔は兄と折半して使用していたが、兄は大学時代から週に半分くらいしか家に居ない人なので、その頃から自分が楽器機材を広げに広げて使用していた。

今日食卓で遅い昼飯を食っていると、居間と食卓の間を占領して母親がパッチワークの布切れを広げて作業をしている。少し話を聞くと、自分の作業部屋が無いのでここで広げるしかないのだと。

特別狭くもないし特別広くもなくごく中流な家で、何も嘆く要素なんて無いのだが、若干頭がヨイトマケった実家暮らしの27歳。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヨイトマケる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/248