所謂スマホアプリの開発に関して思う事

| トラックバック(0)

色んな環境が出来始めているスマホアプリ開発。
有名どころだとPhoneGapTitanium。あとはクラウドに置いたseapとかMonacaなどもあるらしい。

ちゃんと使った事ないので何とも言えないが、思うのは、これらはネイティブコードを触らなくても、共通言語でごにょごにょすると作れるよ、とかの類いのものだということ。大体はHTML5とそれに付随するjavascriptという位置づけが多い。その他は、Flash系だった人を取り込むべく、GUIでいくものもあったりなかったり。

ここで、エンジニアの方が気をつけておかなければならないな、と思った事があったので、書いておこうと思った。
これらのツール、ミドルウェアは要するに、ネイティブなんか書けないエンジニアやデザイナーでもネイティブアプリ作れるよ!っていうこと。となると、「じゃあエンジニアは何するの?HTML5をもっとコアに使う?」となるかどうか。たしかにHTML5でもコアな事をするには結構奥が深いからエンジニアの領域、UIエンジニアとかの領域だ。けれども、そのくらいの人なら割と居る。どこもかしこもHTML5って言っててバブルな感じだし。

だから、エンジニアの人ってのは、もっと先の、「デザイナーが軽く作っちゃいました」とかより奥深い部分が出来ないといけませんね、っていう事です。


書いてて思ったけど、そもそもエンジニアって専門職のはずですよね。当たり前か。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 所謂スマホアプリの開発に関して思う事

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/23