侮蔑

| トラックバック(0)

それが例え社会的にどれだけ批判されようものであっても、その個人の生の存続に必要なものであるのだとすれば、他人の生を脅かさない限り、侮辱されて良いものなど一つもなく、それはまさに「侮蔑」という行為がこの世の中で一番赦されざるべき行為であることを表しているという事であろうと思う。よって、侮蔑という行為には、死という制裁も免れ得ない天秤で量られるのではないかと私は思う。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 侮蔑

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/31