safariのwindow event

| トラックバック(0)

appcacheを調べていたついでに発見したので書いてみる。ちなみにsafariのインスペクターのコンソールがコードの入力補完をしてくれるので、弄ってたら色々出て来たので。出て来た結果をググったらwebkit関連の記事ばかりなので、webkitのソースを追う方が実は早い気がした。

window.onload
window.onfocus
window.onblur
window.onunload
window.onbeforeunload

このあたりはまぁ他のブラウザでもお馴染みですね。

window.ondrop
字面から。。。?

window.onpagehide
window.onpageshow
この2つはなかなか面白い。基本LoadとUnloadに近い動きだが、mobile safariだとwindow切り替え時にも反応する(一体何に使えるかはアイデア次第...)。

window.onchange
window.onemptied
window.onopen
window.onended
んー。よくわかりませんでした。

window.onerror
どうやったら起こるのかな。。

window.oninput
input要素関係だと思ったらビンゴ。ただmobile safari の入力補完で変なの出るとハマって、alert分なんかで調べてると大変な事になる。

window.oncanplay
window.onvolumechange
なにか分からなかったけど、おそらくオーディオ・ヴィジュアル関係かと。。

window.onwaiting
window.onratechange
window.ontimeupdate
再現できず。何がおこるのか。

遷移・離脱系だと

window.onload

window.onpageshow


window.onbeforeunload

window.onpagehide

window.onunload
みたいな順のようだ。

まぁ、書いたものの、スマホなんかだとやっぱり挙動変わるんだろうなぁ。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: safariのwindow event

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/40