fluentdで遊んでみる3

| トラックバック(0)

どうも。

vpsでせっせと小銭を稼いでいる妖精さんが2日間ほど死んでいたのに気付かず今頃焦って監視機能をつっこもうとしているハシモトです。

fluentdのtd-agentじゃない方の本体って何って呼ぶんでしょうね。ググろうとしてうまくヒットできなかったです。

で、その本体の方がdaemon化されていないのでオレオレscriptを作ってみた。

#!/bin/bash

PID_FILE=/var/run/fluentd.pid
LOG_FILE=/var/log/fluentd/fluentd.log

start()
{
  if [ ! -e $PID_FILE ]; then
    /usr/local/bin/fluentd -c /etc/fluentd/fluentd.conf -d $PID_FILE -vv -o $LOG_FILE
  else
    echo "already exists ${PID_FILE}."
  fi
}
case "$1" in
start)
  start
  ;;
stop) kill $(cat $PID_FILE); rm -f $PID_FILE ;;
reload) kill -HUP $(cat $PID_FILE) ;;
*) echo "usage: sudo /etc/init.d/fluentd [start|stop|reload]" ;;
esac

まぁgithubに転がってたやつ改良しただけなんですけどね。

ではでは。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: fluentdで遊んでみる3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.chrhsmt.com/mt-tb.cgi/494