政治 の最近の記事

学問とは

| トラックバック(0)

学問とは本来、それぞれの人間が自分の意見を持つための「材料」、言い換えれば議論の前提となるものを提供するためにあるのです。それが学問の使命です。

日本人のための憲法原論 P15  / 小室直樹

フリーなソーメンが美味しい季節になりましたね。

ハシモトです。

今まで彼の真意がイマイチ分かって無かったのですが、先日の閣議決定の記者会見の質疑応答を見逃してて、ここで解答が出てましたね。

( 安倍首相会見 No2 集団的自衛権 閣議決定 解釈変更 行使を容認 / youtube )

そしてこちらは本日発表された、解釈変更に対する内閣官房が出した一問一答。
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/anzenhoshouhousei.html

きっかけとしては小泉政権時の有事法制・国民保護法といったとこらしいけど、一番の肝はこの一問一答にもある「切れ目のない安全保障」ってところのようですね。

取り敢えず一次ソースでキャッチ出来たので満足です。

ではでは。

僕らの◯◯

| トラックバック(0)

「明日っていうかもう今日だけどT君の誕生日だから明日杉並で遊ぼうぜ」

そんなメッセージがFacebookメッセンジャーに流れたのが6/27も終わり翌日が数時間過ぎた頃。

Tさんは今年大阪・神戸に行った際になぜだか実家なんかに泊まらせてもらったりなんかしたりしてお世話になったのでまぁ酒宴で祝うというのも良いな、なんて思って本日の夕方前くらいに杉並区のJR某駅に降り立ったわけである。

何が行なわれる、いや、行なわれているかは初めから分かっていた訳であって、それは即ち「選挙」である。

杉並区長選挙・杉並区議会議員補欠選挙

である。

Tさんも含め、大雪が記憶に新しい今年の初旬にあった東京都知事選挙、この時に杉並区の周りでポスター貼りなどをお手伝いしていた面々の由縁などもあって、この杉並の選挙に知人幾人かが携わっている事は知っていたわけであったが、僕は当初はというか本日までは静観をキメていたわけである。この4月まで大阪・鹿児島・秩父やらと転々と選挙のお手伝いをしたりしなかったりしてみていたわけだが、どうも食傷気味だったり気持ちがシフトしてしまっていたので、この杉並区にはあまり関わらなかったわけである。

そこで本日である。
まぁ遊びに行って飲んで帰るかな、くらいの気持ちでいたわけなんだが、どうやら行ってみると立候補者本人は街宣中。それにともなって現場を仕切っていたリーダー的な人も街宣に付いていて、その間の現場補佐をしている人も予定があるとかで現場を抜けなきゃならんのでその代役をしてくれ、と。いやぁ遊びに来ただけなんだけどなぁ...、などと思いつつも、まぁ適度に現場を仕切れば良いのかな、くらいの感じでとりあえずOKして駅周りを見たりメンバーの配置を見てみたりなどした小一時間。すると立候補者本人及びその他メンバーが駅前に戻ってくる。さてはて自分はどうしようかなと思っているとどうやらビラ配りをもっともっとやる、との事でそこに回される。「いや、俺遊びに来ただけすからw」などとのたまって抜ける事も出来たといえば出来たんですが、なんとなくもうちょっと手伝おうかな、と思ったわけです。なんでかと言うと、

  1. 所謂「ドブ板選挙」というのは鹿児島で経験してはいたが、あそこは車社会であるが故の「限りなく黒に近いグレー」なビラ配りをしていたのでここ東京とは状況が違う
  2. 東京という都会においてビラ配りってどんなものなのか、アルバイトとしてすら体験したことがない。

といった主な2点を瞬間的に弾きだして身体を動かしたというのがカッコよく言えてないけどそうゆうアレなのです。

で、杉並区某JR駅前に2〜3時間弱でしょうかね。ビラ配りなるものを行なったわけです。色々思うものはあったんですが、いくつか。あくまで僕個人の主観ですので、悪しからず。

  1. 20代〜30代くらいと思しき女性の受け取り率は限りなく0に近い。
    これは配布者である私が男性であるという点もあるのでしょうが、東京などの都心部においては、若い20〜30代くらいの女性をターゲットとしてキャッチやらナンパやら更には悪質な勧誘やらは日常茶飯事なわけでして、そんな状況下にある東京都の女性が街を歩くとなると自然に身につける能力がこれ。「感知しない」。
  2. ヘッドフォン・イヤフォンを付けている人達は外界をコミュニケーションの対象として感知していない。
    そもそも聴覚器官を外界から遮断しているので、言うこともないもなにも通り越してますね。
  3. 会話しながら歩いている女性二人組みも外界から遮断されていると判断したくなるほどのディスコミュニケーション。
    要因の1と本当は被るのかもしれませんが、これがかなり助長されるような印象でした。まずそこの二人に世界に踏み込めない、且つそもそも無理に踏み込むような理由もない(ビラ配りはナンパではないし、立候補者の印象が悪くなるような行動は避けなければならない)。
  4. 40〜50代くらいになると、20〜30代に比べるとまだ比較的ビラを受け取ってくれる。が、それでもその差は微々たるもの。
    20〜30代に比べると多少変化があります。特に関心を示す訳でもないけど受け取ってくれたりはします。あと本人が演説中だと立ち止まって眺めたり、演説を聞く人も少数ですが現れます。
  5. 60代以降と思われる人は、まぁ一番受け取ってくれそう。でもたまに非常に面倒くさい事案もある。
    予想はしてましたが、高齢者の方が選挙に対する関心は高いです。ビラもまぁそれなりに渡せたりはします。ただ、時たま非常に面倒くさい事に絡まれたりすることもあります。

といったところが印象というか感想。鹿児島と東京ではやはり色々と状況が違う事を実感した次第。特に印象的なものをいくつか。

  1. ビラ配りなどをしていると分かるとまずそこを迂回するような進路を取ろうとする人も多いということ。
    JRの駅です。杉並区です。往来も多いです。当然それを狙ってもいるので。
    なので色々な人が居ます。当然急用などで急いでいる人・忙しい人も居ます。ビラ配りなんて邪魔です。そんな状況なら僕も当然ビラ配りの人間は避けます。避けつつ最短距離で目的地に着くような進路を取ります。ただ、見た感じ忙しいでも急いでいるでもないような人でも、こちらを避けようとします。これもなんとなく分かります。僕も同じことをするような気がします。余計な接点を持ちたくない、余計なものを渡されたくない、などなど。
  2. 目を合わせない。
    僕はただ立候補者の名前の連呼や、無言での配布などは避け、手渡す前にかならず「こんにちは」「こんばんは」などと言って先にこちらになんとなしの注意を向けさせた上でビラ配りをしていたのですが、気付いてはいそうだが目を背け(?)たり見てみぬ感じで通り過ぎます。これも僕も同じことをやる気がします。目を合わせて『いや要らないよ』『もうもらったよ』といったジェスチャーで不要のサインを出して貰えるとこちらは無駄な労力を使わなくて非常に助かります。「要らない」という事だけでもサインを貰えると助かるんですよね。

これだけ大きな都市と駅があって、そこを利用して、さらにわざわざその街に住み着いているのに、自らコミュニケーションを遮断する、ってなんだか小説みたいですが、それを実感した梅雨の終わりでした。みなさんヒロイックシンドロームなんでしょうか?

--------------------------------

で、この後数名で焼き鳥屋で飲んで帰るのだが、帰りがけに知人Aさんに「今日、どうでした?」と聞かれて色々考えたり答えたりしていた際に思ったこと。

若者が選挙に行かないとか、他の国に比べても日本の投票率が低いとかなんとか言われたり、また、わざわざ自分たちが持っている権利を放棄しているとかなんとか。

そんな事を日々目にしているわけですが、東京のこの往来でビラ配りなんかしてみると、「選挙に感心を持っている」方がどうやら一般感覚からそもそもズレているわけであると感じてくるわけです。そういえばそうですよね。60%・70%の有権者は感心なんて持っていないんですから。「選挙に感心を持っている」なんてマイノリティなわけですよ。

地方と都市部の投票率の格差なんかも選挙の界隈の人では酒の話に上がったりもします。でも地方ってやることないですよね。言い方が悪いかもしれませんが。やることないから趣味と実益を兼ねて車や単車の改造に勤しんだりイオンモールに集まってみたり。「田舎は自然があって良いなぁ」って感じることは僕にもありますが、たぶん最初の一ヶ月くらいで飽きるような気もします。それに比べると都会は大変です。遣りたい事も遣れる事も遣らなきゃならないこともいっぱいあります。情報格差自体はインタネットとブロードバンドの普及により都心部・地方での差は平衡化されていると思いますが、人間が集まることによるコミュニケーションや、群衆から読み取ったり知覚する情報は圧倒的に都心部の方が多いです。これがあるからこそ、人が多いと分かっていても人々が都心部に集まってくるのかもしれない、なんて思ったりもします。

こんなに遣りたい事と遣れる事と遣らなきゃいけない事が沢山あるんです。選挙なんて関心に入る余地なんてありませんよね。

--------------------------------

こんな事を巡らせていた時に思い出した事がありました。

「ポスターを掲示板に貼っていってさ、貼っていった所が可視化されてどんどん勢力が拡がっていって『信長の野望』みたいなったら面白いじゃん」

あー。

「面白い」じゃん。
「面白い」って遣りたい事リストに入る余地あるじゃん。

フリーランスになってからというもの色々と税金周りの事等については考える機会が増えております。ただ、考えてることの大半は、「なんでこんなに持って行かれるのか」という類の事ですが。

そんな折りに先日の消費税増税の衆院通過と来た訳でして、また、子供手当の時から分かっていた事のようですが、住民税からの年少扶養控除の廃止などもあったりで(私には関係ないですが)、稼いでも遣っても端からどんどん持って行かれるのはいったいいかなるものかと思いまして(まぁ納める人が居ないと年金のようなことになってしまうどころか国家が破綻しますが)。

しかしながら日本に暮らして仕事をしていく以上、日本国家に税金を納めるシステムからは抜けられません。そこで如何にして税金を納めずに生活するかを考えてみます。

日本の通貨システムに乗らない生活

生活して行く上で必要なものはいっぱいあります。基本的な衣食住ですが、着るもの、食べ物、住む所。出納帳的に考えると食費・衣料費・家賃光熱費。その他交通費や医療費やら。昨今は月3万円ビジネスや循環型社会や自然エネルギーと何かと自給自足的な意味あいの言葉が溢れていまして、それはそれで良いのですが、完全な自給自足は現実的でないので少し考え方を変えます。

お金以外の新しい基軸となる通貨的なものを流通させる

日本国家に頼らない方法その1、みたいな感じですね。お金以外といってもそれに代わるくらい流通しているものなんて無いのですが、まぁ近い意味合いとしては各社ポイントシステムでしょうか。CCCのTポイントやら楽天のスーパーポイントなどは割と普及率が高いと思います。日本のポイントシステムとしては2強みたいな感じでしょうか。

じゃあTポイントや楽天スーパーポイントで生活が出来るかどうか、って言うとまず無理ですね。衣料、食料、雑貨、もしかすると通信、その辺りまではカバーできるかもしれませんが、家賃光熱費、医療費で引っかかります。楽天不動産なんていうものもありますが、どうやら仲介などまではしてないようです。交通費はもしかしたら他社ポイントへの交換を重ねていけば、Suica・PASMOあたりに回せるかもしれません。Suicaまでいけるなら、薬局での支払いくらいまではカバーできるかもしれませんね。あとは大きな病院に限定すれば楽天カードやTカードでカード払いという手がありますが、カードの支払いは現金なので、ここはアウトですね。

となると、上記の点がポイントでカバー出来るようになるとポイントのみで生活、というものが現実味を帯びて来ます。ただ、生活するくらいポイントが溜まるのか、という事ですが、ここで収入の話になるわけです。例えば給与の一部がポイントで支払われる、というような仕組みが仮にできると、おそらくですが、今の所そこのポイントには所得税・住民税は掛かってこないのではなかろうかと思われます(あくまで推測です)。

ただ、ポイントでいくら購入しようと、現状の円表記で値付けされたものをポイントで払っているだけだと、消費税を払っていることには変わらないので、そこの元から変わるような仕組みでなければなりませんね(こしひかり 5kg 2000ポイント、みたいな感じで)。

日本円以外の流通システムに乗っかる、またはそれを作る

外貨で買い物をする、支払いをする、収入を得る、ということになります。

収入面で言えば、外資系で働いて、外貨立てで給与を貰う、ような感じでしょうか。外資系の日本法人などになるとまたどうなのか分かりませんが、そこは各社次第、になるでしょうか(ただ、その国の税率で税金は引かれる事になるでしょうし、確定申告は日本でする訳なので住民税などは結局かかるでしょうが)。

買い物で言えば、医療費、家賃光熱費はここでもまず難しいですね。医療費のカード払いを外資のカードで外貨払い、みたいな事に出来れば、医療費についてはクリアできるでしょうか。家賃光熱費も、カードで行けるものなら同じ手法が取れるかもしれません。

ただ、消費税を払っている事には変わらないので、まずもって外貨で値付けされてなけれななりません。となるとそもそもネット通販などでは海外のECサイトで購入できるので、そういったものを利用するというところでしょうか(円高でもありますし)。到着を急ぐものでなければ、送料を差し引いても海外から買った方が安いものは結構あります。送料に関しても割と安いECサイトやモールもありますし、そもそもこの円高、というのもあります。

といった感じで考えてみましたが、かなり難しいですね。見えた点としては、収支の出入り口を日本円から違う形態に代える、ということですね。

いよいよ来るのか。空前の経済崩壊ドミノで世界が爆発炎上 / Darkness


煽るよなぁ、と思いつつも楽しく読ませて貰っております。
ユーロ崩壊、大恐慌・ナショナリズム復活で第三次世界大戦などと聞いて思い描くシナリオの役者は、新自由主義とイスラームという感じかと妄想したりしますが、どうでしょうか。などと言っていても実際飛び火したらとんでもないので、保身は何か考えておこうかなと思う次第であります。キーワードとなりそうなのは「『survive』するところに生まれる需要」、みたいな感じでしょうか。さてはて。

1   2