政治: 2012年1月アーカイブ

いよいよ来るのか。空前の経済崩壊ドミノで世界が爆発炎上 / Darkness


煽るよなぁ、と思いつつも楽しく読ませて貰っております。
ユーロ崩壊、大恐慌・ナショナリズム復活で第三次世界大戦などと聞いて思い描くシナリオの役者は、新自由主義とイスラームという感じかと妄想したりしますが、どうでしょうか。などと言っていても実際飛び火したらとんでもないので、保身は何か考えておこうかなと思う次第であります。キーワードとなりそうなのは「『survive』するところに生まれる需要」、みたいな感じでしょうか。さてはて。

池上彰の「学問のススメ(http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110722/221631/)

元NHKの池上さんが日経ビジネスオンラインで連載しているコラムです。去年あたりからなぜか政治界隈に興味がシフトしてまして、政治経済なんか高校でちょこっとやっただけで、大学では一般教養ですらやらなかったんですが、このコラムは面白く、またなんかタメになってる気がします。自民党の体制以降ずっと「官僚叩き」のようなことが行なわれていたが、実は首相の首が毎年のように挿げ変わる日本は優れた官僚がこれを下支えしてきたからだ、とか。昨今の民主党の体制と自民党時代の体制と比較したりもして、小さい時になんとなくテレビで見てたことはこうゆうことだったのか、と思わされます。

1