生活 の最近の記事

七回忌

| トラックバック(0)

6年が過ぎたようなので七回忌だった。
正確な日付ではもちろんないのだが、だいたいみんな毎年都合の良い日で集まる。
そう。だいたい。なんとなく。みんなで。

毎年同じメンバーが集まっているというわけではない。それはもちろんみなの都合がそれぞれ違うわけで、来られる人も来られない人も居るわけだからだ。メンバーがちょっとずつ違うことながらも、あの人の両親は毎回来る。そもそも集まる場所があの人の実家なので、それはそうだろうと思われるが、その両親は別れてしまっている。実家には父親が住んでいて、母親は来訪するわけである。

だいたいみんな時間通りには来ない。いつもの感じだ。この点はこの六年間変わらない。六年の間での変化は沢山ある。結婚した人もいるし子供を何人も産んで産まれた子もたまに一緒に連れられて来る。なかなか賑やかだ。

小さい子をあの人の両親にちょっと抱いておいてもらったりするときなどは、あの人の小さかった頃の話などが両親の口からたまにこぼれる。でもそんな話題ももう「たまに」だ。もともとあの人はみんなの輪の中心に居るタイプではない。傍から眺めてたまに鋭いツッコミを入れるような人だ。ここ数年はみなの話題にも登らない。そんなところは実にあの人らしい。

だいたい14時近辺から人が集まり始める。今もお墓には入っていない、その骨壷が、あの人が何年も使ったであろう勉強机の上に、大学の卒業式の写真を元にした遺影と共に置いてある。この六年、ほぼ変わることのない定位置だ。その定位置の前にある勉強机の椅子に座り、来る人が代わる代わる焼香をする。静寂。そしてなんとなしに長机が用意されて車座になり、麦酒などを飲み始める。父親の作ったサラダとローストビーフが出る。食べる。喰べる。たべる。お土産に持って来られたお菓子も開けられる。また食べる。みんなは他愛も無い話をする。仕事の話。子供の話。昔の話。

夕方を過ぎて、じゃあそろそろ、と言ってみなで片付けをし、玄関を出る。両親からは、いつも来てくれてありがとう、いつでもいらしてください、と言葉を掛けられる。こちらもありがとうございます、と言って玄関をあとにする。

だいたいのところはこの6年、変わらない。だいたいは。

ただみんな6年は歳を取り、あの人だけは何も変わっていない。

あの人がこの世を去ったことにより、なんとなしにみんなが集まる日が毎年あり、そしてあの人の両親とあの人の実家で食事をする。

そんなことを考えて、なんだかこれは是枝監督の映画みたいだなぁ、と思った。あの人が好きだった是枝監督。あの人はこんな風景を向こう岸からカメラを回しているかもしれないなぁ、なんて妄想する。そんな七回忌。

どうも。

林檎社からの新製品投入でまた過熱してる人達が増えてくるのかしら、なんて思いながら傍目に見ております。

今回の概要はwww.gizmodo.jpあたりでも覗いてもらうことにして、個人的な見解でも。

  • iPhoneのサイズアップ
  • iPad mini 不要?
  • 携帯性損ねる?
  • 携帯性はapple watchで補完

みたいな風にも見えるけどどうなんだろうか。

現状の発表されたapple watchのアプリを見てると、意識の高い健康オタクのアメリカ人の為のものにしか見えないけど、この「腕時計」を「腕時計」たらしめずに全く違うものとして見せるキラーなアプリがあればたぶんかなり売れるんじゃなかろうか、と見てるんだが。

個人的には不要だけど、開発としては面白いガジェットにはなると思ってます。

ではでは。

どうも。

来年の予定がありません。
ハシモトです。

年末恒例なのでしょうか。IOSのFFがお安くなっていますね。
年末年始ホリデーセールとのことのようでして、12/20 〜 1/6までのようです。

4.18

| トラックバック(0)

瘡蓋を削るような日常

1   2