日々徒然 の最近の記事

どうも。

最近ジャズギターにハマっています。
ハシモトです。

柄にもなく今年一年を振り返ってみようかと思います。

どうも

全く先行きが見えなず滴る汗が秋風に鳥肌。
ハシモトです。

iPhoneのケースに自分でお好きな画像を入れられるサービスが中野にあると聞き行ってまいりました。下記のブログで見つけた訳ですね。

2000円40分でオリジナルiPhone用ケース製作!プリントマウスでギークiPhoneケースを作ってきた / ひとりぶろぐ

中野ブロードウェイ2Fにある「プリントマウス」というお店でした。

【プリントマウス】オフセット印刷♪同人誌印刷プリントマウス 写真集、グッズ印刷、iPhone・PSP・3DSカバープリント、印刷通販
Google MapsのURL: 東京都中野区中野5丁目52-15

先日iPhone5を換装したのですが、ケースがかなり痛んでいたけどこれといったケースやバンパーがどうにも見つからないなぁと思っていた矢先なので朗報です。

早速大好きなNINが以前やっていたART IS RESISTANCEというプロジェクト(?)のログ画像を加工して中野に行き注文しました。

お店に着き、dropboxに予め用意しておいた画像のURLをメールで送信して、その場でレイアウトの確認し注文完了。仕上がりまで40分ほどとのことでブロードウェイ内をうろついて待ちます。どうやらiPhone以外にも各種スマホやポータブルゲーム機のカバーみたいなものにもプリントしているようです。

仕上がりがこちら。

たぶん500円くらいのただのクリアケースですがなかなか良いのではないでしょうか。

今回加工した画像はこちら。サイズは良い感じになってますが、iPhone5で微妙に裏の「iPhone」の文字と被ったのでそこはお店でレイアウトをいじってもらいました。
権利はよくわかりませんが、まぁ大丈夫なんじゃないでしょうか。お好きにどうぞ。

art is resistance

ではでは。

TokyoHackerSpaceのワークショップへ行ってきました。
本当は今日はNixie Clockのワークショップだったのですが、僕が作りたかったのは次週のVFD Displayのキットだったのですが次週は都合が悪く、主催者にFacebookで聞いてみた所、この週でOKとの事だったので行ってみました。

場所は渋谷。appleストアの正面のビルでした。

目的地に辿り着くと何やら玄関前に人が。。
キーがあるのに入れないやら何やら言って人が集まってきても誰も入れない状態がしばし続きましたが、最終的になにやら誰かに電話して入る事ができました。そしてなぜかsuicaとかpasmoがキーになっているようでどういった仕組みなのか気になりました。

で、ワークショップ。
僕が作るものはこのVFDモジュラーclock。これを作っている赤フグという集団の2人が講師でした。

macは持参でこれから始めます。手前の四角い箱のようなものは半田。こんなタイプのがあるんですね。

で黙々と資料を見ながら教わりながら約3時間くらいでしょうか。

完成(写真は家で帰ってきてから撮った)。

途中真ん中の管だけが光らなくて色々講師に見てもらい、半田付け不良やら基盤不良を直してもらいました。一人だったら絶対出来上がらなかったですね。。

こちらはケース取り付け後。

同じ場所で僕らのワークショップの後半と被って、Raspberry Piのワークショップをやっていて、かなり興味を惹かれたので、作り終わった後にちらちら見せてもらいました。かなり面白そうなので買っていじり倒そうかと思います。

Nixie Clockだと中身がarduinoだったのでファームウェアを改造できたらしいのがちょっと残念だったのと、基本外人ばかりだったので英語がやはりもっと出来なきゃなぁと思いました。

ではでは。


お安くなっております。

4.18

| トラックバック(0)

瘡蓋を削るような日常

1   2   3