玩具 の最近の記事

どうも。

林檎社からの新製品投入でまた過熱してる人達が増えてくるのかしら、なんて思いながら傍目に見ております。

今回の概要はwww.gizmodo.jpあたりでも覗いてもらうことにして、個人的な見解でも。

  • iPhoneのサイズアップ
  • iPad mini 不要?
  • 携帯性損ねる?
  • 携帯性はapple watchで補完

みたいな風にも見えるけどどうなんだろうか。

現状の発表されたapple watchのアプリを見てると、意識の高い健康オタクのアメリカ人の為のものにしか見えないけど、この「腕時計」を「腕時計」たらしめずに全く違うものとして見せるキラーなアプリがあればたぶんかなり売れるんじゃなかろうか、と見てるんだが。

個人的には不要だけど、開発としては面白いガジェットにはなると思ってます。

ではでは。

どうも。

すっかり初夏の季節ですね。特に意味はありませんが。ハシモトです。

イギリスで買ってきたまま放っておいたRaspberry Piを今頃引っ張り出してきています。

掲題、若干ハマりそうになったのでメモ程度に。

wifiの設定はGUIから先に済ませておいて、その後static IPにする設定。
default の interface にIPを付与するという点がポイントだった模様。

$ sudo vi /etc/network/interfaces

auto lo

iface lo inet loopback
iface eth0 inet dhcp

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

iface default inet static
address 192.168.1.201
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
nameserver 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1

TokyoHackerSpaceのワークショップへ行ってきました。
本当は今日はNixie Clockのワークショップだったのですが、僕が作りたかったのは次週のVFD Displayのキットだったのですが次週は都合が悪く、主催者にFacebookで聞いてみた所、この週でOKとの事だったので行ってみました。

場所は渋谷。appleストアの正面のビルでした。

目的地に辿り着くと何やら玄関前に人が。。
キーがあるのに入れないやら何やら言って人が集まってきても誰も入れない状態がしばし続きましたが、最終的になにやら誰かに電話して入る事ができました。そしてなぜかsuicaとかpasmoがキーになっているようでどういった仕組みなのか気になりました。

で、ワークショップ。
僕が作るものはこのVFDモジュラーclock。これを作っている赤フグという集団の2人が講師でした。

macは持参でこれから始めます。手前の四角い箱のようなものは半田。こんなタイプのがあるんですね。

で黙々と資料を見ながら教わりながら約3時間くらいでしょうか。

完成(写真は家で帰ってきてから撮った)。

途中真ん中の管だけが光らなくて色々講師に見てもらい、半田付け不良やら基盤不良を直してもらいました。一人だったら絶対出来上がらなかったですね。。

こちらはケース取り付け後。

同じ場所で僕らのワークショップの後半と被って、Raspberry Piのワークショップをやっていて、かなり興味を惹かれたので、作り終わった後にちらちら見せてもらいました。かなり面白そうなので買っていじり倒そうかと思います。

Nixie Clockだと中身がarduinoだったのでファームウェアを改造できたらしいのがちょっと残念だったのと、基本外人ばかりだったので英語がやはりもっと出来なきゃなぁと思いました。

ではでは。

1